モバイルバッテリーシェアリングサービス、ChargeSPOTがものすごく便利

現代において、スマートフォンを代表とするデジタルガジェットは我々の生活に深く根差しており、もうデジタルガジェットなしで生活することなど考えられないという人も多いかと思います。私もその一人です。そして、デジタルガジェットを持ち歩くときに頭痛の種となるのが、電池残量です。電池残量を気にして、スマホをいじらないといった、若干本末転倒なことをしたことがある人も多いのではないでしょうか。そこで本日は、モバイルバッテリーシェアリングサービスのChargeSPOTをご紹介したいと思います。

ChargeSPOTとは

ChargeSPOTとは、既に上で述べましたとおり、モバイルバッテリーのシェアリングサービスです。お手持ちのスマートフォンに専用アプリをインストールし、会員登録と支払方法の設定を終えたら後は全国のChargeSPOTのステーションでQRコードを専用アプリに読み取らせるだけです。これだけで簡単に充電済みのモバイルバッテリーを借りることができます。非常にお手軽で便利です。

ChargeSPOTモバイルバッテリーの外観
ChargeSPOTモバイルバッテリーの外観

ChargeSPOTのメリット

ChargeSPOTには様々なメリットがあります。一つずつ見ていきましょう。

安価な利用料金

まずはその安価な利用料金が挙げられます。1時間以内の利用でしたら、150円(税別)で利用できます。これから大事な通話をするから、ほんのちょっとの間だけバッテリーに持って欲しい、といったシチュエーションでも、非常に安価ですのでためらうことなく利用することができます。また、1時間を超えての利用の場合、48時間以内の利用時間でしたら300円(税別)で利用することができます。丸2日間ということで、ChargeSPOTのモバイルバッテリーを借りた後、どこかに宿泊し、帰るときに返却するという利用方法でもゆとりのある利用時間の設定です。(48時間を超えての利用について当然疑問があると思いますが、これについては後述します)

豊富なコネクタ種別と、ほどよい容量

ChargeSPOTでレンタルされるモバイルバッテリーは、既にケーブルが一体となっているので、別途ケーブルを用意する必要はありません。種類は、

  • USB Type-C
  • Lightning
  • micro USB

と3種類あります。とりあえずこの3種類があれば、大抵のモバイルバッテリーが必要であるという状況に対応できるかと思います。

モバイルバッテリー付属の3本のケーブル
モバイルバッテリー付属の3本のケーブル、左から USB Type-C、Lightning、micro USB となっています

また、ChargeSPOTでレンタルされるモバイルバッテリーの充電容量は5,000mAhです。大容量化の一途をたどる昨今モバイルバッテリー事情に詳しい方ですと、ちょっと容量が少ないのではと思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、実際に私が使用して試した限りでは、容量不足で困ったことはありませんでした。また、詳しくは後述しますが、バッテリー切れになってもすぐに充電済みの別のモバイルバッテリーを借りることができるので、実用で困ることはほとんど無いのではと考えています。

貸し出しを受けたステーションとは別の場所へ返却可

個人的に一番気に入っているChargeSPOTのサービスのメリットがこちらです。モバイルバッテリーを借りたステーションとは別のステーションに返却することが可能です。オプション料金等はかからず、通常料金でこのサービスを利用できます。電車やバスに乗る前にさっと借りて、車内でガジェットを充電し、降車駅・バス停最寄りのステーションに返却するということが可能です。レンタルなのに場所に縛られないのは、類似のサービスに対してかなりのアドバンテージだと思います。

充電完了を待つ必要が無い

ChargeSPOTサービスのステーションでは、返却されたモバイルバッテリーを順次充電し、次の貸し出しに備えています。ですので、借りたモバイルバッテリーが電池切れのときも、通常通り返却後、新たに貸し出しの手続きをすればすぐに充電済みの別のバッテリーを借りることが可能です。使い終わったモバイルバッテリーの充電完了を待つ必要が無いのもこのサービスの大きなメリットの一つです。

ChargeSPOTの欠点

ここまでChargeSPOTサービスのメリットばかり述べてきましたが、残念ながら欠点もあります。具体例を挙げながら説明していきます。

返却が48時間以内に間に合わなかった場合のペナルティが大きい

ChargeSPOTは、48時間以内の利用の場合は300円(税別)と非常に安価で手軽に利用できると上でメリットとして述べました。では返却が48時間以内に間に合わなかった場合どうなるのでしょう。答えは2,280円(税別)で買い取りです。5,000mAhのモバイルバッテリーを2,280円(税別)で買い取りする羽目になるというのは、ちょっと想像したくないです。先も述べましたが、大容量化・低価格化が進むモバイルバッテリー界隈です。ChargeSPOTのモバイルバッテリーはレンタルだからこそその真価を発揮することができるので、これが買い取りとなってしまっても正直使い道が思いつきません。正直、2,280円に達するまでは24時間経過ごとに150円延長料金が発生するといった料金体系の方が、ユーザーとしては安心感がありますが、なぜこのような料金体系にしてしまったのでしょうか……

返却期限のリマインダーがない

先に述べたとおり、返却期限を超過してしまったときのペナルティが大きいのであれば、絶対に返却期限を守りたいところですが、返却期限を知らせるプッシュ通知やメール通知の類いはありません。せめて残り6時間を切ったら1時間ごとにリマインドする通知を送ってくれても良いと思うのですが。

まとめ

ここまでつらつらとメリットデメリットを述べてきました。確かに48時間の返却期限に間に合わなかった場合のペナルティがかなり大きいのが玉に瑕ですが、サクッと充電したいというニーズにかなり応えてくれるので、非常に便利です。最後にリンクを張っておきますので、ご興味のある方はお試しください。

リンク

トラブルシューティング(認証用のSMSが受信できない場合)

ChargeSPOTのサービス登録時、電話番号認証用のSMSを受信できない場合は、以下の項目を確認してみてください。

  • 入力した電話番号が合っているか
  • 携帯キャリアの提供する迷惑SMSフィルタリングサービスや、スマートフォンのアプリとしてインストールする迷惑SMSブロッカーによってSMSが弾かれていないか
  • 電話番号登録時、直接インターネットに接続せずVPNを経由していないか(ChargeSPOTサービス側の提供するサーバーが、電話番号の認証リクエストをスパムとして弾いてしまうケースが存在することを渡邉が独自に確認しました)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です