プロキシ環境下で Windows Update や Windows Defender の更新がかからない場合の確認事項

概要

Windows のコンポーネントの一部である Windows Update や Windows Defender などは、WinHTTPと呼ばれる Windows コンポーネントを用いてHTTP通信を行っています。この設定が何らかのはずみでインターネットオプションと異なる値になってしまうと、 Windows Update も Windows Defender もうまく動作しなくてなってしまいます。そんなときの対処法をご紹介します。

操作方法

コマンドプロンプトを管理者権限で開き、
> netsh winhttp import proxy source=ie
を実行します。これにより、WinHTTPの通信に使われるプロキシ設定をインターネットオプションから取り込むことができます。また、直接値を指定したい場合は
> netsh winhttp set proxy proxy-server="{プロキシサーバーIPアドレス}:{ポート番号}" bypass-list="{例外リスト(セミコロン区切り)}"
で指定します。値をリセットするには
> netsh winhttp reset proxy
です。
詳しくは
> netsh winhttp ?
でヘルプを参照してください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です